JAさがみ

文字サイズの変更

  • ホーム

さがみの農業

JAさがみ営農・経済改革プラン
第4次都市農業振興戦略「みどりの仲間プラン」追補版について

第21回通常総代会において、「JAさがみ営農・経済改革プラン」が第4次都市農業振興戦略「みどりの仲間プラン」の追補版として承認されました。

JAさがみでは第68回神奈川県農業協同組合大会において決議された“「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合」を確立する改革の実践”および改正農協法に明示された、「農業所得の増大に最大限の配慮」を達成するために「JAさがみ営農・経済改革プラン」を策定し、その実践に取り組むことと致しました。
このプランは、「みどりの仲間プラン」で位置づけた管内組合員特性の農業主業型組合員(ばりばりスタイル)、農業・消費者交流型組合員(わいわいスタイル)および担い手ネットワークに対応する基本戦略に資するものとして、「第4次みどりの仲間プラン追補版」として位置づけ、第4次計画を2年間延長し、平成28年度~平成30年度を重点期間として取り組むものと致します。

JAさがみ営農・経済改革プランの重点取り組み項目

(1)販売力の強化に向けた取り組み

マーケティング機能を強化し、実需者ニーズを的確に捉えた多様な販路拡大と担当者の育成、直売所での売れる農産物作りに向けた体制整備を構築します。

① マーケティング機能を強化し、営農台帳を活用した有利販売
② 販売力を発揮するための体制整備
③ 買取り販売の研究
④ 直売所の販売力強化
⑤ 集荷施設機能整備に向けた研究

(2)営農指導の強化に向けた取り組み

生産から販売に至る広範な営農指導体制を構築するとともに、TAC(出向く営農)活動を一層展開し、営農指導に係る職員の専任体制の構築と育成強化をはかります。

① 営農指導体制の強化
② 営農台帳を活用したTAC活動の充実・強化
③ 利用事業の強化
④ 畜産生産基盤の維持・支援の強化

(3)生産購買事業の再構築・強化に向けた取り組み

ニーズを踏まえた低廉資材の取り扱い、供給品目の見直しとあわせ、組合員メリットを適切に還元する取引価格の設定を進めます。

① 低コスト資材に係る取り組み
② 資材物流体系の再構築
③ 組合員カードシステムの研究
④ 資材情報の提供
⑤ 職員の育成

(4)新規就農者・農業後継者へのサポート強化に向けた取り組み

新規就農者に対する営農相談機能体制を強化するとともに、農業後継者に対し、「売れる農産物づくり」に向けた相談・指導体制を強化し、就農支援を基軸とした「さがみ農業」の発展に努めます。

① 就農支援に係る取組み
② 資金制度を通じた就農支援に係る取り組み
③ 所得向上に向けた研修の実施
④ 出荷調整施設、加工施設の設置研究

(5)都市農業経営・営農への理解醸成に向けた取り組み

都市農業の多面的役割と機能の発揮、地産地消の実践とPR活動を行い、一層の理解と支持を地域住民から得ることにより、安心して農業経営に取り組む環境整備を整えるとともに、地域住民との交流を促進し「さがみ農業」の維持・発展に努めます。

① 都市農業の多面的機能のPR活動
② 直売所を核とした都市農業の役割発揮
③ 准組合員・地域住民との交流

さがみ動画座

洋ランコサージュを作ってみようplay

茅ヶ崎のトマト撰果場

他の動画を見る