JAさがみ

文字サイズの変更

  • ホーム

御所見の農業理解、進みました

  • 2016年3月17日 木曜日
  • 野良の特派員報告

  • 853 views

「おしごと王国」3年目も大人気

 

子どもたちが仕事を体験するテーマパーク、東京で人気ですね。
藤沢市の御所見公民館でも、年に1度、お仕事体験イベントを開いています。
東京では体験できない「農業」も、御所見ならチャレンジできます。
今年で3年目を迎えました。
毎年、畜産農家、野菜農家、植木農家が協力しています。

畜産農家が協力したのは、酪農体験コーナーです。

01

藤沢市内の牧場から、生後1か月の子牛を連れてきました。
子牛たちは
2月11日生まれと18日生まれですから、
みずがめ座の女の子。
参加した子どもたちは、
酪農家の話を聞いたり、子牛にブラッシングをしたりと、
酪農への理解を深めました。

02

野菜農家は、公民館で収穫体験!
公民館の音楽室に
ハウスからトマトを、畑からホウレンソウを運び込んで
菜園を再現しました。

03

穫れたてのトマトはその場でジュースにして試飲です。
トマトジュースが苦手な子どもも、「おいしい!」と喜んでくれました。
なかには、おかわりした子も。

04

御所見地区に多い植木やさんも毎年、協力しています。
今年は、庭造りにチャレンジ!

公民館の一角にブルーシートを敷いて
玉砂利と庭石を持ってきて、
子どもたちに
枯山水を造ってもらいました。

プランニングの段階から農家が指導しましたが、
庭石を
どう置くか、どこに置くのか、
一番大切なことは子どもたちが考えました。

たとえばこんなふうに、
「物語」を感じる配置をしてくれて
「片付けるのがもったいないね~」といわれるほど。
センスありますね、藤沢の子どもたち。

05

公民館の担当職員のお話では、
今年も定員の3倍もの子どもたちが申し込んでくれたそうです。
こんな「農業体験」もあるんですね。

 

さがみ動画座

何の機械かな?-1play

何の機械かな?-1

他の動画を見る