わいわい市 店長ブログ

  • ホーム

え?新米?

  • 2018年8月23日 木曜日
  • 寒川店

    おすすめ

  • 226 views

早くも新米の季節になりました。

え?新米って普通、秋ですよね。

そう、地場産のお米は秋ですが、早場米の産地ではもう新米が取れ始めました。

わいわい市寒川店でも早速取り扱っています。

8月は期間限定で鹿児島県のコシヒカリを販売しています。

でも、「お米は寒いところが美味しい」と、思っていませんか?

鹿児島県のコシヒカリの特徴は

寒暖の差はお米を美味しくする条件の一つですが、おいしい「ごはん」にはいろんな条件が備わっていなければなりません。鹿児島県の種子島でお米作りをしている人たちは、島の気候や風土の中で、最も適した米作りを模索しながら「おいしい種子島のごはん作り」に取り組んできました。暖かな太平洋の風と、山から湧き出る清らかな水で稲はすくすくと育ちます。また天敵の害虫が少ないことで、害虫駆除のための農薬散布の回数も減らすことができます。しかし、8月下旬から9月は台風の多いシーズンです。農家の人々はこの時期を避け、7月上旬頃に収穫する早期米づくりが定着してきました。「日本一早い おいしいコシヒカリ」の産地として、その名は日本全国に広まりつつあります。※鹿児島県パールライス㈱HPより引用

あたたかい所のお米と言って侮る無かれ!

是非、鹿児島県の新米をお試し下さい。

もちろん地元のお米も好評販売中です。

御来店お待ちしております。

店舗

  • わいわい市 寒川店紹介
  • わいわい市 藤沢店紹介

文字サイズの変更